« | トップページ | »

2008年1月26日 (土)

 シスプリよりも敷居が高いと思われがちなBabyPrincessですが、本当にそうでしょうか?
 第一印象として19人姉妹というのがシスプリの12人よりもインパクトがあるように思えますが、実際問題として非現実性からいったら12人も19人も大差ありません。
 また、0歳のあさひに代表される小学生以下の年齢の妹が半数を占める辺りにレベルの高さを感じてる人もいるでしょうが、攻略対象とかでなくこれみんな家族なのでここは引くところじゃありません(ま、G'sの連載がどういう風になるか判りませんけど)。
 そして、読者の心構えとしてはシスプリよりも入りやすいと思うんですよ。というのも、シスプリはまず12人の妹がいるというのが前提なわけです(3人は途中で増えるわけですが)。読者=兄としては、なんで12人もいるんだよ!とかその存在を疑問に思うことも許されません。だって、兄として一緒に育ってきたんだから(一緒には住んでないようですが)そんな家族の事情は当然知ってないとおかしいですからね。勿論、ここら辺は公式には説明されておらず、真相は各兄の頭の中にしかないことなんですが、ともあれ、妹の是非を問うてはいけない。それが兄。
 それに比べてトゥルーママに拉致られていきなり19人姉妹の中に放り込まれたトゥルー俺はなんで19人もいるんだ!と疑問を持つことを許されてます。つまり、読者の気持ち=トゥルー俺の気持ちでオッケーなわけです。
 それともうひとつ。
 シスプリの妹たちにとって兄というのは血縁関係のことでなく、自分の存在を無条件で受け入れてくれる理想の保護者という意味合いがあると思うんですよ。というのも、妹たちの立場で考えると、自分とほとんど同じ年代の姉妹が11人もいて尚且つ一緒には住んでいない。そんな状態で家族としてのアイデンティティーを得るには、皆に共通する兄という存在が重要なわけです。兄がいることによって、自分たちが12人の姉妹だと思える。ですから、シスプリの兄は妹たちの存在を全肯定しなければいけないわけです。
 BPでは全肯定されるのは読者=トゥルー俺のほうです。あさひの日記にあった、ママの言葉を思い出してください。

私たちみんな、
おにいちゃんがいてくれてうれしいね。
しあわせね。


 
いきなりトゥルー家族の一員となって戸惑ったり疑問を持ったりしてる読者に対して、いるだけでよし!としてる。これなら安心してここにいられるじゃないですか。

 とまぁ、ここまで長々と書いてきましたが、シスプリより入りやすいからといって一般的にBPの敷居が高いという事実は揺るぎもしませんよね。ええ、判ってはいますけどね。別にわたしも他人に薦めたいわけじゃなくて、とりあえずBP(ついでにシスプリ)について何か書きたくて仕方ないだけなのでご容赦ください。

|

« | トップページ | »

コメント

このお兄ちゃんはもうダメだ
それより夕凪が不人気で悲しいですたい

投稿: とうふ | 2008年1月26日 (土) 19時27分

「妹が12人」はゲーム・アニメ・原作第3期のみの設定であり、原作第1期・第2期・第4期、つまり当初の設定では、「1対1の兄弟が12組」です。せめてWikipediaぐらいは見ましょう。

投稿: プラスマン | 2008年1月26日 (土) 20時41分

「妹が12人」はゲーム・アニメ・原作第3期のみの設定であり、原作第1期・第2期・第4期、つまり当初の設定では、「1対1の兄弟が12組」です。せめてWikipediaぐらいは見ましょう。

投稿: プラスマン | 2008年1月26日 (土) 20時41分

>それより夕凪が不人気で悲しいですたい
ははは
トゥルー家族に人気も不人気もありませんよ
みんな愛しい家族です

投稿: 五音 | 2008年1月26日 (土) 21時25分

>プラスマンさん
えーと、わたしの手元にはシスプリ連載時のG'sが全部ありますが
そこから誌上ゲームセクションの説明を引用しますと

ところがお兄ちゃんと妹達は、ある事情があって、全員が別々の場所に遠く離れて暮らしているため、ふだんはインターネットを介して、電子メールで連絡取り合っています。
(中略)
 更に”お兄ちゃんの日”に会える妹は9人のうちたったの1人だけ。残りの8人の妹には、会えません。

とあります
つまり、別にG'sの連載時も1対1の兄妹関係とはされていないんですよ
まぁ、別に1対1の関係であると思ってても問題はないんでしょうが
なにしろまともな設定は兄の頭の中にしかないのがシスプリですから

投稿: 五音 | 2008年1月26日 (土) 21時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« | トップページ | »